生活

高校生におすすめしたい「大学の選び方」

投稿日:

この記事は「大学選びどうしようかなあー」と思っている高校生の悩みを解決する記事です。

実際に私が大学時代に体験したことをベースに、個人的におすすめしたい大学選びの方法を書いています。

尚、大学の選び方と言いつつ、おすすめしたい大学のジャンルはすでに決まっています。

それでは見ていきましょう。


高校生におすすめしたい「大学の選び方」

大学の選び方を説明する前に、私の結論を発表しておきます。

結論:極端なこだわりがないかぎり東京の国立理系大学に進学すべき。

です。理由を説明していきます。


東京の大学を選ぶべき

1 就活に有利

まず一つ目の理由として、就職活動に有利です。

普通に大学生活を過ごせば3年後には就活が始まります。

就活生が就職面接を受けたがるような有名企業は東京に本社があることが多く、書類選考を通過するたびに東京に出向くことになります。

就活ではスーツを着ることが多いので、地方から来るとなると荷物も増えるし、ネカフェやホテルなどの拠点探しにも労力を要します。


2 人との出会いが多い

大学生になると時間に余裕が出てくることも多いので、何をしようか迷うところです。

私は人と会うのをおすすめします。

別に、考え方を広めるとか、人脈を広げるとか崇高な目的じゃなくていいです。

異性が好きならナンパするとかでもいいんです。

コミュニケーション能力を高めることは就活以外でもめちゃくちゃ役に立ちます。

なので、ドアを開ければ人が歩いているという環境にいることが重要です。


国立大学を選ぶべき

学費が非常に安いのでおすすめできます。

元の学費も安いですが、割と楽に授業料免除の申請が通るので、お金の問題で大学進学を断念しようとしている人は国立大学を考えてみてください。


理系の大学を選ぶべき

文系の知識はググればわかるものが多いですが、

理系の知識はググっても理解しづらいことが多いです。

専門用語を専門用語で説明していることが多いためです。


理系の大学では、そういったググっても理解しづらいことを基礎から学べるので、おすすめできます。

これからもテクノロジーの時代が続いていくのは確かなので、科学の知識を蓄えておくのは良いことだと思います。


田舎の大学を選んだ結果

さて、ここからは私の体験談ですが、私は地方の国立大学に進学しました。

就活では東京に行くのに飛行機に乗らなくてはいけなかったし、東京に向かう度に宿泊先も用意しなくてはならなくて大変でした。

また、18~22歳のゴールデンタイムに色んな人と接する機会が減るのは本当にもったいなかったと今になって思います。

地方は地方で、雰囲気が落ち着いていて良いところもあるんですが、もし高校生のときに戻ったら、東京の大学を目指して勉強することでしょう。


国立の大学を選んだ結果

私は国立の大学に進学しましたが、卒業するまでに支払ったのは、入学金30万円と1年生の前期の授業料の半額だけでした。なんと総額約45万円。

なぜかというと、国立大学は授業料免除の申請が通りやすく、お金持ちでもなければ普通に半額免除くらいのサポートを受けることができます。

なのでバイトせずに生活することができました。


バイトしないことで勉強に時間を使うことができるので、成績を維持できて、また次の学期も授業料免除を受けやすくなるという良いサイクルができていたと思います。

社会に出ると学費の安さに驚かれることがあったので、意外と知らない人も多いのかなと。

家庭の経済状況が芳しくないほど、授業料免除を受けやすいので、お金の問題で悩んでいる方ほど考えてみてください。


理系の大学を選んだ結果

理系学部(工学部機械工学科)に進学し、卒業した感想なんですが、「それまで知らなかったテクノロジーの仕組みを知ることができて、満足感が高い。」という感じです。

なので、エンジニアになれるとか、就職がどうこうというより、科学の知識を深めたことによる「手に入れた感」の方が強くて、高校生の頃の自分は何も知らなかったんだと感じるようになりました。


絶対的な大学の選び方ではない

東京だと人が多すぎて過呼吸になるとか、理系の勉強がどうしても好きになれないとか、どうしても慶應がいいとかなら、無理に薦めはしないです。

ただ、迷っていて、こだわりもないのならおすすめしますよ。


あと、男子高校生の「理系は男ばっかだから嫌だ」という意見もあると思いますが、どうしても同じ学科に女子が多くいなければいけないことが理由なら仕方ないと思います。

ただし、彼女が欲しいからという理由ならそれは全く見当違いです。彼女は学内ではなく、学外の方が作りやすいからです。

それに関してはいつか記事を作成したいと思っていますが、記事の投稿が待てない場合はお問い合わせフォームからご連絡ください。メールで教えます。


東京の国立理系大学は学力的に難しいという人へ

まずは受験勉強を頑張ってもらいたいですが、無理な場合は立地、国立私立、理系文系の中で優先順位を決めて少しずつレベルを落としていくのが良いと思います。

個人的には親に経済力があれば私立でいいし、テクノロジーに死ぬほど興味がないという人は文系でいいと思います。

ただし、立地だけは東京が良いと思います。

記事の最初でも書きましたが、18~22歳のゴールデンタイムに色んな人と接する機会が減るのは本当にもったいないので。


良ければ参考にしてください

この記事は高校3年生の自分を意識して書いた記事なので、「こうなってほしい」という大分偏った思想が入っていると思いますが、少なくとも自分と似たようなタイプの人間には需要があるのではないかと思います。

良ければ参考にしてみてください。

以上

mark3_and_mark4

  
  
  
  

-生活
-,

Copyright© 不易流行 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.